バスケ漫画のおすすめ人気ランキング20選!

2024-1-30更新
Eyecatch
Author
バスケヤリタイ 太田
編集長

バスケ漫画おすすめランキング

おすすめのバスケ漫画20選をランキング形式でご紹介します。なおご紹介する内容は2023年12月時点のものです。

第1位 SLAM DUNK (スラムダンク)

主人公である高校1年生の「桜木 花道」がバスケットボールに挑戦する姿を描いた感動作です。赤い髪とリーゼントの姿からわかる通り桜木花道は元不良で、バスケットボールはまったくの未経験。入学した湘北高校でバスケットボール部主将の「赤木 剛憲」の妹である「赤木 晴子」に一目惚れをして、バスケットボールに出会うのがこの物語の始まりです。2022年には映画化もされたほど、多くの人から愛され人気を博しています。

作者

井上 雄彦

出版社

集英社

巻数

全31巻

第2位 黒子のバスケ

黒子のバスケは、魅力溢れるキャラクターが多く登場する高校バスケが舞台のバスケ漫画です。主要キャラクターが有している、現実のバスケットボールでは考えづらい超人的な身体能力や特殊スキルが試合の中に盛り込まれていて、熱い展開が楽しめます。主人公の「黒子 テツヤ」は全中3連覇を達成した帝光中学校の卒業生です。黒子テツヤが在籍した世代は、10年に1人の逸材といわれるプレイヤーが5人同時に集まった「キセキの世代」と呼ばれています。そのなかで「幻の6人目(シックスマン)」と称される黒子テツヤと、もう一人の主人公「火神 大我」のコンビが「キセキの世代」を倒し日本一になることを目標に進んでいく少年漫画らしいストーリーが特徴です。

作者

藤巻 忠俊

出版社

集英社

巻数

全30巻

第3位 あひるの空

身長149cmと小柄な体格ながら、バスケットボールに熱い情熱を持った主人公「車谷 空」が弱小校である九頭龍高校を舞台にバスケットボールに挑戦する姿を描いた漫画です。九頭龍高校のバスケットボール部は元々不良たちの巣窟になっていて、真剣にバスケットボールに打ち込む環境ではありませんでした。しかし、車谷空の情熱と根気に次第にメンバーも揃っていき、ひとつのチームとして歩みだす姿が描かれています。高校生としての挫折や葛藤のほか、登場人物の家庭問題やトラウマなど幅広いテーマにも触れられていることが特徴です。

作者

日向 武史

出版社

講談社

巻数

既刊51巻

第4位 リアル

リアルは車いすバスケットボールをテーマにしたバスケ漫画です。不運な大病により義足と車椅子生活になった車いすバスケットボールプレイヤーの「戸川 清春」、バイク事故を起こしてしまったことを理由のひとつに高校を退学し罪悪感を抱えながら生きる「野宮 朋美」、事故で下半身不随になりこれまで持っていた自尊心が一気に崩れ障害を抱えて生きる現実を突きつけられた「高橋 久信」の3人が主に登場します。野宮朋美と高橋久信は元々同じ高校でともにバスケットボール部に所属していました。「車いすバスケットボール」というテーマに沿って、それぞれが抱える障害や葛藤などの現実に向き合いながら進んでいく魅力的なストーリーが特徴です。

作者

井上 雄彦

出版社

集英社

巻数

既刊15巻

第5位 DEAR BOYS (ディアボーイズ)

DEAR BOYSは1989年から今なお連載されているバスケ漫画です。第1部が「DEAR BOYS」、第2部が「DEAR BOYS ACT Ⅱ」、第3部が「DEAR BOYS ACT3」、第4部が現在も連載中の「DEAR BOYS ACT4」となっています。高校バスケが舞台で、戦術や戦略などのバスケットボールにおける細かな試合展開も詳しく描かれていることが特徴です。連載開始から34年を経過し、バスケットボールをテーマにした漫画で史上最長連載を記録しています。多くのファンから長く愛されている作品です。

作者

八神 ひろき

出版社

講談社

巻数

全23巻

第6位 switch (スイッチ)

一卵性の双子である「橘 雷夢(弟)」と「橘 陸玖(兄)」が主人公のバスケ漫画です。この双子がバスケットボールを始めたきっかけは、誕生日プレゼントに母からもらったバスケットボールでした。兄弟で一緒に世界一になることを夢見て物語は進んでいきます。ある日、双子の環境を大きく変える出来事が起き、物語は急展開。思いを胸に成長していくバスケットボールプレイヤーの軌跡を描いた人気作です。

作者

波切 敦

出版社

小学館

巻数

全15巻

第7位 Harlem Beat (ハーレムビート)

Harlem Beatのスタートはストリートバスケです。主人公である高校生の「成瀬 徹」は、小学生時代は野球、中学生時代はサッカーに打ち込みますが、万年補欠の冴えないプレイヤーでした。そんな成瀬徹がバスケットボールの世界に飛び込みひたむきに努力を重ね、たくさんの仲間や対戦相手と出会うことで成長していく姿が描かれています。ストリートバスケから始まり、公式バスケに移るなかで起こる葛藤や厳しさを克服しながら進んでいく物語が魅力的です。

作者

西山 優里子

出版社

講談社

巻数

全29巻

第8位 I'll (アイル)

I'llは、類いまれな運動能力を持った「立花 茜」とバスケ家庭で育ったサラブレットである「柊 仁成」の2人を中心に物語が進んでいきます。2人は中学校でバスケ部に所属するも、それぞれに葛藤があり高校ではバスケットボールから離れる決意をしていました。そんな2人が偶然にも同じ高校に入り、バスケットボールに改めて引き込まれていく様子が描かれています。相棒となった2人が高校バスケを舞台に青春時代を過ごす物語で、熱い気持ちを蘇らせてくれる作品です。

作者

浅田 弘幸

出版社

集英社

巻数

全14巻

第9位 DRAGON JAM (ドラゴンジャム)

主人公「立花 龍也」がストリートボール(ストリートバスケ)を舞台に成長していく物語です。バスケで食べていくことを決意し高校進学を選ばなかった立花龍也ですが、日銭を稼ぐために選んだ道はストリートでの賭けバスケでした。そんな中、近くの名門バスケ部メンバーが立花龍也の前に現れ、無残にも惨敗したうえ賭けバスケで得たお金もほとんど持って行かれてしまいます。失意のなか「TJ」という謎のストリートボーラーと出会い、大きく展開していく立花龍也の運命が描かれた作品です。

作者

藤井 五成

出版社

小学館

巻数

全16巻

第10位 BUZZER BEATER (ブザービーター)

「SLAM DUNK」に続き井上雄彦さんがバスケットボールを題材に作られた漫画です。ほかのバスケ漫画とは大きく異なり、舞台は宇宙になります。バスケットボールの最高峰はNBAから宇宙リーグに移り、地球人選手が1人もいない状況のなか、宇宙リーグに通用する地球人だけの最強チームを設立しようと計画を立てられたのが物語の始まりです。地球人チームの設立を計画している大富豪の老人「ヨシムネ」が、主人公であるストリートチルドレンの「ヒデヨシ」と出会い物語が進んでいきます。

作者

井上 雄彦

出版社

集英社

巻数

全4巻

第11位 LASTMAN ーラストマンー

選手が主役となるバスケ漫画が多いなか、LASTMANは顧問である「轟 静」が主人公に物語が展開していきます。轟は元々NBAへの挑戦を目指すほどの天才プレイヤーでしたが、ケガにより現役復帰が叶わなくなってしまいました。失意のなかにいた轟静の元に弱小校になってしまった母校の顧問としての依頼が舞い込み、新たな人生をスタートしていく物語になっています。弱小校を勝利に導くため、チームを指導する手腕が見所です。

作者

二宮 祐次

出版社

講談社

巻数

全3巻

第12位 B-TRASH!! (ビートラッシュ)

負けん気が強くトラッシュトークと言われる悪口が止まらないことが特徴の「嵐矢 平人」が主人公のバスケ漫画です。幼馴染の「秋信 優」と一緒に名門である黄金山高校に進み全国大会に出場することを夢見ていたが、主人公の嵐矢平人だけがスカウトをされず、2人の道は大きく変わることになります。結局すべてが平凡といわれる波南高校に進学し、かつての目標であった黄金山高校に勝利することを目指す王道ストーリーです。

作者

夏目 義徳

出版社

講談社

巻数

既刊13巻

第13位 CROSS OVER (クロスオーバー)

CROSS OVERは青春バスケ漫画です。高校バスケの名門である藤ノ原学院への進学を決意していた主人公「緒方ナツキ」ですが、藤ノ原学院との試合を控えた聖マリアンヌ高校のマネージャーである「橘 水希」と出会うことで急展開を迎えます。試合を見学したことで藤ノ原学院監督の横暴な指導方針を目の当たりにし、緒方は藤ノ原学院のセレクションを断り、聖マリアンヌ高校への進路を変更することになりました。弱小校である聖マリアンヌ高校を持ち前のクイックネスを武器に勝利に導く様子が描かれたストーリーです。

作者

瀬尾 公治

出版社

講談社

巻数

全7巻

第14位 ふぁいとの暁

かわいらしい作画ですが、スポーツ漫画の王道的なストーリーで物語は進んでいきます。主人公は幼馴染で超がつくほど仲良しな「東野 暁」と「城戸 清春」です。ずっと一緒にバスケをしてきた2人ですが、在籍する鷹鳥二中が廃校になることが決定し、バスケ強豪校の鷹鳥一中への編入を余儀なくなれました。鷹鳥一中では実力テストによるグループ分けがなされ、幼馴染の清春は準レギュラーであるBグループ、暁は失格のFグループに分類されてしまいます。持ち前のボールハンドリング力とポジティブな性格を武器に暁が挑戦していく姿が描かれた作品です。

作者

あおやぎ 孝夫

出版社

小学館

巻数

全7巻

第15位 フープメン

身長と運動能力どちらも平凡な高校1年生「佐藤 雄歩」が主人公です。平凡で普通の高校生である雄歩ですが、ただひとつ独自のスキルとして「英語力」がありました。同時にアメリカから転入してきた才能溢れるバスケットボールプレイヤーである「ジョシュア・久慈・グリフィンJr.」の通訳担当として、雄歩が抜擢されバスケ部にスカウトされたことが始まりです。才能溢れるジョシュアと平凡な自分を比較したうえで、自分が凡人であることを受け入れバスケットボールにひたむきに向き合う雄歩の姿がとても魅力的に描かれています。

作者

川口 幸範

出版社

集英社

巻数

全2巻

第16位 とりあえず地球が滅びる前に

バスケットボールと恋愛をテーマに描かれた女子バスケ部が舞台の漫画です。ジャンルとしてはラブコメディにあたります。高校で女子バスケ部に所属する主人公の「一ノ瀬 寅子」は、バスケよりも恋愛を楽しみたいと考えている普通の女子高生です。そんな寅子の前に突然現れたのが「神」と名乗る男で、その男が残した「あなたたちが県大会で優勝しないと地球が滅びる」との予言からバスケに向き合うことになります。バスケ・恋愛・ファンタジーが融合した作品です。

作者

ねむ ようこ

出版社

小学館

巻数

全4巻

第17位 バディ!!!

バディ!!!は、バスケ中だけ男の子になる特異体質を持った女の子の「千秋」が主人公という、特徴的な設定が魅力のバスケ漫画です。もう1人の主人公「龍堂」とともにバスケの名門校である葵高校で奮闘をする物語になっています。ライバル・チームメイト・異性というさまざまな関係性が描かれた作品です。

作者

西園 フミコ

出版社

小学館

巻数

全4巻

第18位 アオバノバスケ

2022年9月から「コミックDAYS」で配信された比較的新しいバスケ漫画です。身長195cmの主人公「青葉 太樹」はその恵まれた体格のせいで異物扱いを受けてきました。ミニバス時代にはその体格から反則扱いをされ、その後もほかのスポーツに挑戦しても異物扱いを受けてきた経験から、青葉は次第に自分を見失ってしまいます。そんななかバスケットボールU16日本代表の「明星 礼王」と出会い、身長以外の才能を見出された青葉がバスケに再挑戦するストーリーです。

作者

学 慶人

出版社

講談社

巻数

既刊4巻

第19位 B&ALIVE (ビーアンドアライブ)

中学生時代天才バスケプレイヤーと呼ばれていた主人公の「新山 輝」が、無名の公立高校でインターハイを目指す様子を描いたバスケ漫画です。輝は14歳の冬、試合中のアクシデントにより大きな挫折を受け、一度はバスケから離れようと考えていました。高校での出会いをきっかけにまだ消えていなかった熱意を改めて燃やし、仲間たちと夢のインターハイを目指していく青春バスケストーリーです。

作者

鳴海聖二郎

出版社

講談社

巻数

既刊4巻

第20位 SECOND BREAK!! (セカンドブレイク)

セカンドブレイクは最先端のタイムリープ系バスケ漫画です。NBAを目指して名門である大神学園に進学した主人公「小嶺 望海」ですが、部活動中に大ケガを負い選手生命を絶たれる事態に陥ってしまいます。そこから9年後、不運にも交通事故に遭った小嶺はその衝撃でケガを負う前の高校時代にタイムリープを起こし、プレイヤーとして新たに歩みだす人生を送ることになりました。現代で培った経験やデータを武器に、過去の時代で3ポイントシュートも狙うハイブリットなセンターとなり、NBAを改めて目指す熱い展開が魅力です。

作者

稲木 智宏

出版社

講談社

巻数

全4巻